nodistのインストール方法(Windows)

開発

nodistとは、Node.jsのバージョンを簡単に管理できるツールです

Mac、Linux環境では「Homebrew」を使用するのでご注意ください。

nodistをインストールする

こちらのnodistのページからインストーラーをダウンロードして、PCにインストールします。

nodistがインストールされているか確認

コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行。

nodist -v

すると、バージョンが表示されます。ここでは、0.9.1です。

インストールできるnode.jsのバージョンを確認

以下のコマンドでインストール可能なnode.jsのバージョンが確認できます。

nodist dist

任意のNode.jsをインストールする

nodist + 任意のバージョン

12.18.4をインストールしたければ、「nodist + 12.18.4」と書きます。

使用するNode.jsのバージョンを指定する

nodist 任意のバージョン

12.18.4を使用したければ、「nodist 12.18.4」と書きます。

設定されたNode.jsのバージョンを確認する

以下のコマンドで確認できます。

node -v

Node.jsのバージョンに合うnpmを設定する

まずは、設定したNode.jsに対応するnpmを確認します。こちらのページで確認できます。例えば、「14.14.0」に対応するnpmは「6.14.8」です

次に、現在既に設定されているnpmを確認します。

npm -v

これで既にバージョンに対応するnpmになっていたら何もしなくてOKです。

ただ、異なっていた場合は、以下のコマンドで指定します。

nodist npm 任意のnpmバージョン

これは「6.14.6」を指定しています。

念のためnpxをインストールする

npxとは、npmパッケージを容易に実行できるコマンドです。以下のコマンドでインストールできます。

npm i npx -g

npxは、Node@8.2以降であれば、デフォルトでインストールされていますが、nodistだと一緒にインストールされないこともあるため、実行しておくと安心です。

おまけ:この流れでReactをスタートさせたい方

Reactをスタートさせたい方は、こちらのページでReactを起動させる方法を説明しています。

よかったらご覧ください。

おまけ:任意のNode.jsバージョンをアンインストールする

まず、アンインストールしたいバージョンではないバージョンに設定を変えておきます。以下のコマンドで変更できます。「12.18.4」に変えたければ「nodist 12.18.4」とします。

nodist 任意のバージョン

次に消したいバージョンをアンインストールします。コマンドは2種類あるのでどちらでも大丈夫です。「nodist – 12.18.4」や「nodist rm 12.18.4」と書きます。

nodist - アンインストールしたいバージョン
nodist rm アンインストールしたいバージョン

ちゃんと消えているか最後に確認しましょう。以下のコマンドでインストールされているバージョンを確認できます。

nodist
タイトルとURLをコピーしました